金利通貨トルコリラのFX情報を解説します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

トルコリラを扱う証券会社の選び方

トルコリラのFXブローカー選択肢

トルコリラを取引することができるFX会社は限られています。このカテゴリではトルコリラを扱うおすすめFX業者をいくつかの視点から紹介していきます。

トルコリラの取引業者を選ぶ基準は、主に3つに分類されます。

  1. スワップ金利が多いか少ないか?
  2. 取引コストが高いか安いか?
  3. そもそもトルコリラを扱っているのか?

スワップ金利が多いか少ないか?

トルコリラは高金利通貨ですので、買いポジションの長期保有によるスワップ運用を考えられている方が多いのではないでしょうか?

やはり長期運用では、スワップ金利が高い証券会社有利です。スワップポイントの多寡(金額)がそのまま利益に反映されます。逆に、あえてスワップ金利が低い業者を選ぶという選択肢もありえます。買い(Ask)だけでなく売り(Bid)も行う場合です。トルコリラを売りポジションをホールドする場合は、スワップの支払いを抑えた方が有利なトレードを展開することができます。

以下のページでは、長期運用の観点からトルコリラ取扱業者の特徴をご紹介します。

スワップ金利が高い証券会社

スワップ金利に着目して証券会社を比較しました。

スワップ金利が高い業者は当然ながら、スワップポイントが低い証券会社もご紹介します。

取引コストが高いか安いか?

近年では新興国通貨でも短期取引(デイトレード等)が可能になってきています。FX取り扱い各社の競争によって、スプレッド=売買レートの差が縮まってきているためです。トルコリラも例外ではありません。

そんな訳で、以下のページでは取引コストという視点からおすすめFX会社を選んでいます。
トルコリラの取引コストが安い証券

トルコリラのスプレッドに注目して、証券会社を比較しました。

トルコリラは、往々にしてスプレッドが広い通貨です。 取引コストを抑えるためには、このスプレッドが狭い業者を選ぶ必要があります。

取引コストの点から、スイングトレード・デイトレの可否についても言及しています。

そもそもトルコリラを扱っているのか?

最後に根本的なお話で締めくくります。そもそも狙いを定めたFX会社では、トルコリラを扱っているのか?という話です。実を言うと、日本国内のFX会社ではトルコリラ通貨ペアの扱いがないFX会社も多々あります。

併せて言えば、トルコリラの対(つい)になる通貨によっても選択肢がある場合・ない場合が存在します。ニッチなニーズのあるドル・トルコリラ辺りだと、なかなか扱いがないケースが多く存在します。まあ、一番人気のトルコリラ円は大抵のFX会社で標準装備されているようです。

そのような訳で、以下のページでは通貨ペアの選択肢としてトルコリラを扱っているFX会社を紹介しています。

トルコリラを取引できる証券会社

本HPがおすすめする特徴的なFX会社をご紹介しています。

証券会社を選ぶときは、トレードスタイルを基準にすると利益の最大化を図ることができます。

トルコリラ扱い各社のスワップポイント一覧表(最新版)

本HPで把握しているFX会社のスワップポイント一覧表を定期更新しています。

手動で更新しているので1週間単位のタイムラグはありますが、おおよそのスワップポイントの傾向も見えてきます。おすすめは安定感のあるセントラル短資FXです。

プロモーションリンク

  • FXダイレクトプラス

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • FXプライム by GMOがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー