トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

トルコリラのスワップポイントで選ぶFX会社

トルコリラのスワップポイントで選ぶ証券会社

トルコリラといえば、スワップ通貨の代名詞です。 トルコの高金利政策からもたらされるスワップポイントの高さこそ、FXでトルコリラを取引する最大の魅力です。 長い年月を見越して保持すれば、大きな利子利益を手に入れることができます。

一方で、トルコリラは売り建てをホールドしにくいという難点もあります。売り持ちの場合、スワップ金利を支払う側に回るからです。 為替差益を手に入れても、スワップポイントの支払い分だけ、不利な取引をすることになります。

買いで臨む場合は高いスワップポイントが有利で、売りで臨む場合は安い支払いスワップに抑えることが得策です。この課題はスワップの高低を見比べてFX会社を選ぶことで、ある程度コントロールすることができます。このページでは、スワップポイントに特徴のあるFX会社をご紹介します。

  • 高スワップポイントを狙って長期保有
  • 長期の売り持ちならスワップ金利が低いFX業者で
  • まとめ

※スワップポイントの変動により、本ページの内容は順次改訂しております。また、内容が古くなる場合もありますのでご容赦下さい。

高スワップポイントを狙って長期保有

トルコリラを長期ホールドする理由といえば、やはり金利の積み立て利益です。 その場合、何よりもスワップポイントの高いFX会社を選ぶことが利益増大への近道です。

2016年現在、トルコリラ円のスワップポイントは以下の通りになっています。

証券会社トレードシステムスワップ金利
(トルコリラ/円)
取引単位
セントラル短資FXFXダイレクトプラス+101円/日10,000通貨
OANDA Japanfx Trade+64円/日1通貨
マネースクウェアジャパンM2JFX+84/日1,000通貨
SBI証券SBI FX α+100円/日10,000通貨
FXCM(楽天FX)スタンダード口座+91円/日1,000通貨
2016.5現在

2015年1月現在

セントラル短資FXが安定して高い金利を設定しています。

トルコリラ円ならセントラル短資FXが安定して高いスワップポイントを提供しています。

スワップポイントの変動が激しい会社がある一方、同社は長年の間、高い金額を維持しています。取り扱い実績も長く、2013年からトルコリラの取引提供を続けています。

【セントラル短資FX~FXダイレクトプラス】の詳細・口座開設はこちら。

トルコリラ対ドルのスワップポイント

さらに、高金利を狙っていくとなるとトルコリラ対ドル(USD/TRY)の取引も検討の余地があります。トルコリラ対ドルのスワップポイントランキングは、以下の通りになっています。

証券会社トレードシステムスワップ金利
(トルコリラ/円)
取引単位
AVA Trade Japanメタトレーダー4+121円/日1,000通貨
ヒロセ通商LION FX+115円/日1,000通貨
OANDA Japanfx Trade+177円/日1通貨
2016.5現在
AVA Trade JapanがUSD/TRYのスワップポイントで高金利を叩き出しています。

対ドルでの取引となると、外資系FX会社が中心になります。

その中でも、AVA Trade Japan(アヴァトレードジャパン)が、高金利を提供しています。

【Ava Trade Japan】の特設HPを見る。

なお、同社のスワップポイントは非公開とされています。この点、知られざる高スワップFX会社であると言えるでしょう。

OANDA Japanも高いスワップポイントを提供しています。

OANDA Japanもよいレートを提供しています。スプレッドが非常に狭い利点にばかり注目されますが、スワップポイントの安定感もなかなかのものです。

特徴的な点は、「セカンドカウント制」という変わったサービスです。 要は、1秒ごとにスワップ金利を付加する方式です。表の金額は、同社HPのスワップ金利計算機に基づき24時間保有の場合の金額を算出しました。外資系FX会社の中でも、比較的スワップは高く設定されています。

さらにメリットは、1通貨単位で取引可能である点です。少額で取引する場合に有利ですので、検討の余地があります。

【OANDA Japan】の詳細HPを見る。

長期の売り持ちならスワップ金利が低いFX業者で

そもそも、トルコリラは売り建てで不利な通貨です。 売り建てして日を持ち越すと、スワップ金利の支払いが生じるためです。 ここでは支払いスワップに注目してFX会社を比較しました。

証券会社トレードシステムスワップ金利
(トルコリラ/円)
取引単位
マネースクウェアジャパンM2JFX-84円/日1,000通貨
SBI証券SBI FXα-120円/日10,000通貨
サクソバンクFXSAXOTRADER-123円/日1,000通貨
ヒロセ通商LION FX-200円/日1,000通貨
2016.5現在
トルコリラの売り建てならマネースクウェアジャパンです。

トラリピで知られる同社ですが、トルコリラの売り建てでも便利なFX会社です。 最近、支払いスワップが非常に安く設定されています。おそらく、売りで入るトラリピトレードで便利なのでしょう。

実は、売り買い両方のスワップポイントを同額に設定しているFX会社です。いわゆる「スワップポイント売り買い同値」というもので、差額の負担をユーザーに転嫁しない設定の仕方をしています。

トラリピに合わせているのか、スプレッドコストが安い点もポイントです。

【マネースクウェアジャパン】の特設HPへ

まとめ

以上の通り、スワップポイントのレートはFX会社によって異なります。 あえて高金利のトルコリラをトレードするのですから、買いポジションなら受け取りスワップポイントの高いFX会社で保有し、売りトレードなら支払いスワップの安いFX会社で仕掛けたいものです。この点、売買方針によって異なるFX会社を使うことを一考して良いかも知れません。

トレードスタイルによる主な用途でまとめると以下のようになります。

  • 高スワップポイントを狙って長期保有を考えている。⇒セントラル短資FX
  • USD/TRYもトレードしたい⇒AVA Trade Japan
  • 小額から始めたい。低コストで取引したい。⇒OANDA Japan
  • 支払いスワップを抑えて売り建てしたい。⇒マネースクウェアジャパン

それぞれのFX会社の詳細は、以下のページにまとめています。興味が湧きましたら、併せてご覧ください。

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー