コラムとブログ

動画で見るトルコ経済~エミン・ユルマズ氏のWebセミナー

セントラル短資FXの便利な使い方を解説するシリーズ。今回はトルコ出身の経済アナリスト、エミン=ユルマズ氏の動画セミナーをご紹介します。

今月10日、セントラル短資FX主催でエミン氏によるトルコ経済のウェブセミナーが開催されました。見逃した人もご心配なく。セミナー動画はこの記事を書いている現在でも閲覧することができます(2017.7.21)。会員専用のマイページから過去のセミナー一覧を探してみましょう。

という訳で、今回はセントラル短資FXのセミナー情報と併せてご紹介していきます。

エミン・ユルマズ氏によるトルコ経済の分析

最初にセミナーの概要を紹介しましょう。まず、講師のエミン・ユルマズ氏について。詳しくは動画を見ていただくと分かるのですが、「複眼経済観測所」というの会社の経営者かつアナリストの方ですね。トルコ出身であるためか、セントラル短資FXのトルコセミナーでは同氏が講師を務めるのが常となっています。

エミン・ユルマズ氏のウェブセミナーエミン・ユルマズ氏のウェブセミナー

上記はセミナー動画をプラウザで表示した画面です。V-CUBEセミナーというソフトを使っています。プラウザによってはAdobeのFLASHプレーヤーを設定する必要がありますね。管理人はGoogle Chromeを使っていますが、さっくり見ることができました。PCでなくともスマホで見るという手もありますね。

過去のセミナーも動画で見れる

エミン氏のセミナー内容は以下の通り。簡単に概要をまとめてみました

  1. 昨年のクーデターについて
  2. トルコ経済の現況
    • 潜在成長率5%という数字
    • インフレ率の推移
    • 失業率の推移
  3. シリアの内戦問題

去年のクーデター問題のトピックスからセミナーは始まります。エミン氏によれば、歴史的にトルコは軍部のクーデターが多いとのこと。確かにトルコは軍部の権限が強すぎたことが問題でしたね。古くはオスマン帝国のイェニチェリ兵にまで時代を遡る気がします。そんな軍部の力を削いだのがエルドアン大統領である訳で、まあ軍部の反発は当然だったのですかね。

2部はトルコの経済分析です。経済成長、インフレ率、失業率をグラフを交えて解説されています。ここら辺はいずれウチのサイトでもデータをまとめたい所です。面白い所では、日本とトルコ間の貿易関係について提案をされていましたね。

最後はシリア問題。弊サイトでも書いていますが、やっぱりトルコ経済で最後のネックになっていますね。セミナーでは、ここら辺の事情を数字とデータで解説されています。

エミン・ユルマズ氏の動画はセントラル短資FXで

詳しい内容は実際のセミナー動画を見てください。エミン氏の動画はセントラル短資FXの【動画配信中のセミナー】一覧に残っています。興味のある方は「マイページ ⇒ セミナー ⇒ 過去のセミナー」でどうぞ。

セントラル短資FXの人気講師も

折角なので、他の講師の方もご紹介させてください。セントラル短資FXの動画セミナーには、まだまだ面白いネタが転がっています。以下はセミナー動画のキャプチャ画面から。

セントラル短資FXのセミナー一覧

西原宏一氏も野村雅道氏も、有名な現役FXディーラーですね。雑誌やご自身のセミナーでも解説をされているので、ご存知の方も多いはず。バカラ村さんも有名個人トレーダー。セントラル短資FXでは、テクニカル分析の解説動画を見ることができますね。

ここでご紹介した方やエミン氏以外にも、まだまだ面白いセミナー動画を見ることができます。真面目にFXされたい方ならマーケットビューやトレード手法の解説、はたまた確定申告あたりに興味があるんじゃないでしょうか。

関連記事:セントラル短資FXをオススメする理由について

セントラル短資FXの動画セミナーには、それ全部ありますよ。ご覧あれ。

同じカテゴリーの関連記事
コラムとブログ

トルコリラ為替レートのリスク@2016年夏

2016年8月1日
トルコリラの為替投資戦略
今回は2016年7月現在の為替リスクを洗い出したいと思います。ピックアップしたリスク要因は、トルコ国債の格下げ、企業の投資敬遠、円高トレンド、ユーロ下落の連れ安です。クーデター …
コラムとブログ

セントラル短資FXのみらいチャートを考察した

2015年11月23日
トルコリラの為替投資戦略
FXのチャートパターン予想ツールの読み方を解説していきたいと思います。セントラル短資FXの形状予測ツール「みらいチャート」を使用します。 一部のFX会社では、将来の為替レ …
コラムとブログ

トルコリラ建て債権・投資信託のリスク

2015年5月24日
トルコリラの為替投資戦略
今回は、FX取引の話を少し離れて、トルコリラ建て投資信託のリスクについて話をしようと思います。投資機関が提供するファンドには、「日興ピムコハイインカム(リラ)」や「新興国買い( …