金利通貨トルコリラのFX情報を解説します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

TAG政策金利

エルドアン大統領がトルコ中銀の独立性を認める

エルドアン大統領がトルコ中銀と手を結んだ日

先日5月9日。トルコリラにとっての朗報が為替ニュースに流れました。エルドアン大統領が緊急経済会合を招集し、中銀総裁が出席したというのです。 ポイントは、会合終了後にエルドアン大統領自らがトルコ中銀の自治性を認める発言をしたことです…

トルコリラのデノミ前後の値動き

トルコリラのデノミネーション前後にあったこと

トルコリラは2005年にデノミネーションを実施した通貨です。過去の値動きを見ると、このデノミの前後で面白い事態が起きていました。トルコリラ買いのトレンドが発生していたのです。 一般にデノミと言えば、通貨の実力が疑われる性質のイベン…

トルコ中央銀行が実質的な利上げを実施

トルコ実質利上げでスワップポイントが上昇

去る2017年12月の政策会合にて、トルコ中央銀行は後期流動性ウィンドウ金利の0.5%引き上げを決めました。しかし、発表と同時にトルコリラのFXレートは下落。市場の期待を裏切る内容が嫌気される格好となりました。 もっとも、肝心のス…

エルドアン大統領が政策金利の方針転換

3度目の最安値でエルドアン政権が方針転換

2017年11月にトルコリラは直近3度目となる最安値の更新を行いました。下落の発端はヘッジファンドによる決済売りのようです。ただ、決算期間が終わってもなお、買われる理由のないままに売られ続ける展開が続きました。 そんな中、最安…

トルコ中銀の為替介入の手段

トルコ中銀(TCMB)の通貨防衛手段と利上げ期待

2016年の年末より、トルコ中銀(TCMB)は通貨防衛に舵を切っています。最初のアクションは11月に発表された政策金利0.5bpsの引き上げ。それに続けて通貨スワップの入札や、外貨供給・リラ緊縮の流動性操作(オペレーション)を実施してい…

利下げで新興国通貨買いのシナリオ

利下げで新興国通貨買いのシナリオ

今回は、政策金利の引き下げでマイナー通貨買いとなるシナリオを解説しようと思います。従来のFXの常識となる利下げで通貨売りの因果関係から、緩和路線で成長期待に転換する事情を分析します。 先日、新興国通貨の取引材料として、面白いニュー…

トルコリラのFXスワップ運用が視野に

トルコリラのFXスワップ運用が視野に

2014年も年末が見えてきた11月。ここに来て、トルコリラを買うべき材料が出てきました。原油安です。エネルギー輸入国であるトルコにとって、原油価格の下落が経済に好循環をもたらす可能性が見えてきました。 加えて、日本と欧州の量的金融…

トルコ金利引き下げと為替レートの値動き

トルコ政策金利引き下げと為替レートの値動き

6月は24日にトルコ中銀金融会合があり、政策金利の引き下げが行われました。これに対し、マーケットの反応はなんと「リラ買い」。今一つ、不可解な市況となりました。この原因となったのが、市場予想と発表結果のズレです。思惑が先行し、一種、期待は…

トルコリラの経済指標と相場ネタ6月度

トルコリラの経済指標と相場ネタ6月度

先月は、トルコがまさかの政策金利引き下げ(-0.5%)を実施し、後半はややサプライズな展開となりました。それでも、大きくリラ売りに傾くことはなく、トルコリラレートは膠着状態に入っています。6月に入った現在でも、言わば市場は「経済指標待ち…

政策金利据え置きとスワップポイントの動向

政策金利据え置きとスワップポイントの動向

今回は、トルコ中銀の政策金利発表のニュースに絡めて、FX証券会社のスワップポイント設定隠れルールについても、詳細を解説していきたいと思います。 昨日4月26日にトルコ中銀が主要政策金利(翌日物貸出金利)を据え置きとの発表を行いました。…

さらに記事を表示する

投稿履歴

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930