FXの豆知識

【データ提供源あり】10年分の為替チャートをExcelで作る方法

OANDAJapanの為替レート履歴

今日のブログでは、トルコリラの10年チャートの作り方を解説しようと思います。

前回の記事「トルコリラ円を10年チャートで振り返る」を掲載したところ、読者の方からご質問を頂きました。「トルコリラ円の10年チャートはどこでみることができるのか?」というものです。
読者の方にはメールでお返ししましたが、折角ですのでブログのネタとしてご紹介しようと思います。

ブログの内容は、以下の通りです。

一般のチャートでは10年の履歴を見ることができない

OANDA-MT4-トルコリラ10年チャートOANDA-MT4-トルコリラ10年チャート

上記のチャートは、筆者が普段使っているOANDA MetaTraderのトルコリラ円月足チャートです。

月足の長期とはいえ、過去のデータは2007年までしか表示されません。
それ以前のデータが記録されていないのです。
他にも色々探しはしたのですが、どうも10年のデータを公開しているサーバは見当たりませんでした。

そこで筆者は何をしたかというと、エクセルでチャートを作ることを考えたのです。
単純な話、チャートというのは以下の用意さえあれば自分で作ることができるからです。

  • チャートに利用するデータ
  • チャートを表示するツール

チャートを表示するツールとしては、MetaTrader4を始めとして色々とあります。
ただ、MT4のデータ挿入は操作が複雑で、一定以上のPCスキルを必要とします。

簡単な方法はMicroSoftのエクセルを使う方法です。
今回は、一番簡便な方法として、エクセルを使って10年チャートを作る方法をご紹介します。
トルコリラ円に限らず、他の通貨にも応用が利き、便利な方法です。

OANDA Japanからデータをダウンロードする

さて、10年チャートを作るのにまず必要となるのは、為替レートの10年間の記録です。

実は当HPでご紹介しているOANDA Japan(オアンダジャパン)が、この長期の為替レートのデータを公開しています。
ここでcsvファイル形式の為替レート履歴をダウンロードし、エクセルで加工する準備をします。

手順1:OANADA Japanからデータを入手する

下記のHPに行き、10年間の為替レートの記録を入手します。

https://www.oanda.com/lang/ja/currency/historical-rates/

以下の画像は、リンク先のページです。

OANDAJapanの為替レート履歴OANDAJapanの為替レート履歴

データ履歴をダウンロードするまでの手順は、以下の通りです。

  1. 手元にある通貨をトルコリラ(TRY)に設定する。
  2. 必要な通貨を日本円(JPY)に設定する(これでTRY/JPNのデータができます)。
  3. 対象期間を直近10年間に設定する。
  4. ダウンロードボタンを押す。

この手順を踏むと、「data.csv」というファイルが手に入ります。

実はここまでの手順だけで、OANDA Japanのサイトでチャートを見ることができます。
以下の手順は、データを色々いじってみたい人のために記述します。

Excelでチャートを作る

ダウンロードした「data.csv」は、エクセルで開くことができるファイルです。
ダブルクリックすることで開くことができます。

手順2:Excelでデータを読み込む

「data.csv」を開くと、以下の画面になるはずです。

エクセルで開いたトルコリラ10年の為替履歴エクセルで開いたトルコリラ10年の為替履歴

文字化けしていますが、チャートを作る分には問題ありません。
デフォルトでは[A]の列が狭いので、広げてやります。
すると、為替レートの日付が現れます。
これで、為替レートのデータを準備することができました。

手順3:データからチャートを作る

為替レートのデータをチャートにします。

ここからは、Excelの使い方を知っていれば楽チンです。
データを選択して、グラフを作成します。

トルコリラのデータをグラフにするトルコリラのデータをグラフにする

グラフで選択するのは、折れ線グラフです。
上図の手順でチャートが出来上がります。

上記の手順で、Excelを使ってチャートを作ることができます。
あとはグラフに色々と装飾を加えると、前回のコラムでご紹介したトルコリラの10年チャートが出来上がる訳です。

トルコリラ円の為替レート10年トルコリラ円の為替レート10年

おわりに

以上のようにして、OANDA Japanからデータを拾ってチャートを作ることができます。

OANDA Japanが扱っているデータは、トルコリラに限りません。
南アフリカランド(ZAR)やブラジルレアル(BRL)、人民元(CNY)等、幅広いデータが揃っています。
当然、同じ手順で作ることができます。

10年のチャートで必要なのは、対局的な動向と重要な価格帯だけです。
それであれば、Excelのグラフで十分です。
MetaTrader4にデータを挿入する方法もありますが、それはまた別の機会にご紹介しましょう。

最後にひとつ。

最近、読者の方からの反響がポツポツあります。
別の読者の方からも、スワップポイントの安い・高い証券会社の情報も教えて頂きました。
現在調査中ですので、詳しく調べたらサイトにアップしようと思います。

同じカテゴリーの関連記事
コラムとブログ

スマートフォン対応のFXチャート予想ツール

2016年9月25日
トルコリラの為替投資戦略
セントラル短資FXが提供するチャート予想ツールのみらいチャート。つい先日、リニューアルを施したことで使い勝手が向上しました。リニューアルの内容は、ベースとなるプログラムエンジン …
トルコリラ円は年末相場入り コラムとブログ

トルコリラ急落で年末相場入り【調整局面】

2018年12月5日
トルコリラの為替投資戦略
今回は直近のトルコリラのポイントとなる為替レートを解説していきたいと思います。 12月5日、突然に急落したトルコリラ。根本的な要因は海外勢がクリスマス休暇に入ったこと …
トルコ国会総選挙の結果~為替市場こう見る コラムとブログ

トルコ国会総選挙の結果~為替市場こう見る

2015年6月16日
トルコリラの為替投資戦略
去る2015年6月7日に、トルコ国会の総選挙が行われました。FXの世界では、選挙と言えば為替レートが動く重要因子です。特にトルコの場合は、与党と中央銀行の主張が対立しているので …