FXの豆知識

ForexTester3(フォレックステスター3)のFXバックテスト機能

ForexTester3といえば、FXのバックテストツールとして最も有名なソフトです。MetaTrader風のインターフェースで、自動売買プログラム(EA)の検証は勿論、自動・手動のコマ送り機能を使って裁量取引のデモトレードを行うことが可能です。

今回は、裁量トレードのバックテストに焦点を絞り、ForexTester3の機能と特徴をご紹介したいと思います。

ForexTester3とは

FX(外国為替取引)で勝つために最も重要なことは、勝つための準備です。独自の仮説や手法を考案し、その正当性を検証することが利益を出すための何よりの近道です。これはFXに限らず、株式や先物取引でも同様です。思いつきをトレード手法に昇華するためには、検証という地道な努力が欠かせません。

ネットや教材で仕入れた知識を利用する場合も同様です。にわか知識で勝てるほど、FXは簡単ではありません。デモトレードや日々の値動きを見ながら、教材の内容が正しいかどうか、また、考案者が何を考え、どのようなメンタリティーで手法を見いだしたか、確認する作業が必要です。

裁量トレード検証ツールForexTester3

ForexTester3(フォレックステスター)は、FXのバックテストをするためのソフトです。前述の検証仮定のことをFXでは「バックテスト」と呼びます。デモトレードと言い換えても良いでしょう。過去の為替チャートを使って、トレードの練習をすることも可能です。

ForexTester3には、過去の為替の値動きを確かめるために、いくつかの便利な機能が盛り込まれています。以下に詳細を記述していきましょう。

裁量トレードのとバックテストのための機能

ForexTester3が、トレード手法のバックテストやデモトレードに適している点を挙げていきます。

ポイント1:デモトレに必須のコマ送り機能

過去のチャートの値動きを確認するために、必須となる機能が「コマ送り」です。日足でも時間足でも、ローソク足をひとつひとつ送っていくことで、始めて日々の値動きを実感することができます。

ForexTester3のコマ送り機能ForexTester3のコマ送り機能

ForexTester3は、スペースキーを押すごとに、ローソク足をひとつずつ進めていく機能があります。これで、じっくり考えながら、チャート上の値動きを見通すことが可能になる訳です。まさに、裁量トレードに特化した機能であると言えるでしょう。他のチャートソフトや、証券会社の取引画面には決して存在しない機能です。

ポイント2:MetaTrader風のインターフェース

MetaTrader4(MT4)と言えば、世界中のFXトレーダーが利用するチャートソフトです。数多く揃えられたチャートインジケータや簡易な発注機能が魅力であるためでしょう。

ForexTester3は、このMT4を強く意識した画面構成・操作方法を採用しています。それもそのはず。MetaTrader4とForexTester3は、同じMetaQuotes社が開発したものです。

ForexTester3はインジケータの追加も可能ForexTester3はインジケータの追加も可能

当然ながら、MetaTrader4と同じように基本的なインジケータが揃えられています。また、独自のインジケータを追加して、チャートに組み込むことも可能です。

多くの証券会社では、MT4を使ったトレードが可能です。便利なので、使い方を覚えていて損はないソフトでしょう。もっとも、操作方法が難しく、初心者には取っ付き辛いのが難点です。この点、ForexTester3を使えば、MT4の使い方を学ぶこともできます。

ポイント3:口座資金の管理機能

手法の検証やデモトレをするにあたり、忘れてはならないのが資金管理です。結果的に儲かったかどうか、最大損失はどの程度か。これを確認しないと、トレードの良し悪しを判断することができません。

ForexTester3には、当然、資金管理の機能が付いています。これを使って、あたかも実際のトレードをしているかのように、資金の上下を確認することができます。

ForexTester3は資金管理機能も搭載ForexTester3は資金管理機能も搭載

ポジションを取ったら、チャートの進行とともに、口座資金が増減します。また、口座資金の推移をグラフにまとめて見ることも可能です。

細かい点でも充実の機能

他にも、スプレッドやスワップを独自で設定したり、仮想資金の補充や出金を行ったりと、デモトレードを現実の取引に近づけるための機能が充実しています。まさに、裁量トレードの検証をすることに特化したソフトであると言えるでしょう。

ForexTester3はスワップポイントの設定も可能ForexTester3はスワップポイントの設定も可能

幅広いメジャー通貨に対して、過去のチャートデータが揃っています。トルコリラのようなマイナー通貨でも、別途、ティックデータをインポートすれば、そのデータから日々のチャートを復元することができます。ティックデータは、MetaTrader4のチャートデータを流用することも可能ですし、ForexTester3のサイトからダウンロードすることもできます。

ForexTester3の購入先

ForexTester3は、アメリカのForex Tester Software, Inc.が販売しています。日本にも代理店があります。そちらからだと、日本語版ForexTester3&サポートの購入が可能です。

ForexTester3の販売詳細

ForexTester3の販売情報

価格:199ドル(1ライセンス)

販売形態:ダウンロード版&パッケージ版

PCソフトとしては、一般的な価格です。稀に、セールス価格で割引販売しているこもあります。一度購入すれば、PCを買い換えても、再インストールが可能です。レジストリキーで利用権を管理しています。

以前は、海外からしか購入することができませんでした。前述の通り、現在では日本の代理店から購入することが可能です。

サポートや問い合わせをする際に日本語で受付してくれるので、やはり日本代理店での購入がおすすめです。

同じカテゴリーの関連記事
為替市場2月の傾向と対策 FXの豆知識

為替市場2月の傾向と対策【トレンド転換注意】

2015年2月11日
トルコリラの為替投資戦略
例年、2月の為替市場というのは大きなトレンド転換が起きやすい傾向(アノマリー)がある月です。理由は2つ。ひとつは各国の金融政策に変更が加えられる可能性があること。もうひとつは、 …
合成通貨でリスクヘッジ トルコリラのトレード戦略

トルコリラをクロス通貨でリスクヘッジ

2016年2月21日
トルコリラの為替投資戦略
今回は2つの通貨を組み合わせるトレード手法=合成通貨の考え方を解説します。国内FX会社では取り扱いの少ないEUR/TRY(ユーロトルコリラ)。この通貨ペアを例として、クロス通貨の基 …