コラムとブログ

トルコリラ新年度の買いに期待!地方選挙と見通し

年度末を迎え、トルコリラには調整の流れが来ています。主な直近のイベントはトルコ地方選挙です。

今回の地方選挙では与党勝利のシナリオがコンセンサスとはなっています。ですが、やはり不安は残るもの。その心理を反映してか、ややリラ売り優位の流れに傾いています。

もっとも、3月31日の地方選挙を終えれば新年度。ファンドには新たな予算が付き、ファンドマネージャーも新任します。くすぶっていた調整局面を打ち破るには良いタイミングではないでしょうか。

今回はトルコ地方選挙の解説を交え、今後の見通しを立てていきたいと思います。

トルコ地方選挙のバラマキ懸念をクリア

まず、今回の地方選挙では懸念されていたポイントが一点あります。エルドアン政権によるバラマキ懸念です。国民の支持率向上のために緩和策を実施し、インフレが加速するかも知れないという憶測が市場に蔓延していたのです。

従来から、トルコにはインフレ懸念があり、中央銀行は引き締め策を続けてきました。しかし、金融引き締め策は経済の成長を鈍化させる諸刃の剣です。特に国民からの評判が悪く、政府への支持率を低下させる原因ともなり得ます。そこで現職与党はバラマキ策を実施し、国民の支持を集めるのではないか。そんな政治リスクが高まっていました。

トルコ地方選挙前にトルコリラ円は調整局面

もっとも、そんなリスク回避の動きも束の間の出来事となりました。この記事を書いている3月21日現在、トルコリラ円に大きな動きはありません。若干のリラ売りが入ったものの、選挙前のポジション調整の範囲を超える動きはありませんでした。

4月の新年度入りでどう動く?トルコリラの見通し

さて、前述のトルコ地方選挙も3月31日で投票を終えます。これを終えればトルコリラは上昇。管理人は楽観的な見通しを持っています。

一つの理由として、今回の地方選挙が与党の勝利に終わる公算が高いためです。市場のコンセンサスも同様です。大方の見通しとしては、与党の議席数は減るものの、過半数は確保するとのコンセンサスが形成されています。結果、投票が終われば安堵の買いが入るとの見方をしている訳です。

加えて、4月から新年度入りすることもポイントです。新年度と言えば、新規予算が付く季節です。新興国ファンドでも新たな予算が付き、買いの準備が整うことでしょう。ファンドマネージャーも新任の担当者が配属され、従来の投資方針が刷新されます。

トルコ地方選挙前にトルコリラ円は調整局面

この3ヵ月程、トルコリラはトレンドを形成することなく、揉み合いの局面を続けてきました。そんな中、次に動きがあれば一方向への動きが加速する。これがFXのセオリーです。次の動きがリラ買いであれば、買いのトレンドが形成されるものと考えます。

トルコリラは既に安値圏にある通貨です。次のトレンドが買いになるとすれば、ポジションを構築するタイミングはここになると考えます。

スワップポイント上昇でおすすめのFX会社

最後におすすめFX会社の紹介です。直近ではトルコリラの相場は安定していて、スワップポイントも上昇してきました。FX会社の口座を開設してトルコリラ投資を始めるには、中々のタイミングです。

当サイトでおすすめしているFX会社はセントラル短資FXです。スワップポイントが安定していて、長期投資にはもってこいです。例えポジションを持っていても、スワップポイントが下落しては目を当てられませんからね。やはり長期投資には安定した利回りを提供しているFX会社で運用することが必須の条件となっています。

FXダイレクトプラス

何気に当サイト限定のプレゼントがあることもポイントですよ。上記のバナーからセントラル短資FXにお申し込み頂くと、当サイトから投資に役立つレポートをプレゼントさせて頂きます。キャンペーンは期間限定ですので、この機会をお見逃しなく。

※本記事の予想内容は管理人の憶測に基づくものとなっています。FXは自己責任です。投資の最終判断は読者の方ご自身で行ってください。

同じカテゴリーの関連記事
コラムとブログ

日米欧の金融緩和策とマイナー通貨の見通し

2014年11月1日
トルコリラの為替投資戦略
先日、日銀の追加金融緩和が決まり、日本円は大幅な円安傾向となっています。加えて、欧州圏ではECB(欧州中央銀行)が金融緩和の具体化をすすめ、米国ではFRB(米連邦準備理事会)が …
今年のトルコリラはサマーラリーの対象となるか コラムとブログ

今年のトルコリラはサマーラリーの対象となるか

2015年7月22日
トルコリラの為替投資戦略
米金融緩和が終了し、エマージェンシー各国への投資資金波及が望まれる2015年。今年の夏は、もしかしたら例年の夏とは趣の異なる相場が展開されるかもしれません。サマーラリーへの期待 …