FXの豆知識

ドルコスト法の積み立て金を算出するための計算式

トルコリラの高スワップポイントを狙うならセントラル短資FX

FXを使えば、外貨預金よりも安いコストで外貨積み立てを行うことが可能です。
ただし、外貨預金と異なるのは、毎月の購入を自分自身で行う必要がある点です。
自分自身で購入量を計算し、証券会社を通じて外貨を買い付ける手間が必要です。
特に、外貨購入量の計算は、少しややこしくなっています。

今回は、トルコリラ積み立て投資を行うに当たり、トルコリラの購入量を計算するための方法をご紹介します。毎月の購入量を決めるためのプロセスは、以下の手順によります。

毎月積み立てる金額を決める

まず、始めに積み立ての金額を決めます。

積立金の金額は、単純にご自身の都合に合わせて決めればよいと思います。
毎月1万円なら1万円、2万円なら2万円と、収入と生活の余裕のバランスを考えて、積み立てに回す金額を決めればよいのです。

ここでは、以後の計算を簡単にするために、「毎月1万円を積み立てる」と仮定します。

先にお断りしておきますが、今回の計算はSBI FXトレードかOANDA JAPANの取引口座を使う前提で話を進めます。というのも、一般のFX会社では一口の購入金額が大きくなりすぎるからです。

大体の場合、トルコリラの購入単位は10,000通貨単位です。単価に直すと一口の投資金額は5万円程度になってしまいます。毎月5万円の積み立て金として家計から捻出するというのは、一般的なサラリーマン家庭では現実的ではありません。

そこでSBI FXトレードを使います。1トルコリラ単位(およそ50円単位)で売買できるからです。これなら、5,000円とか10,000円とかからの小額から積み立てを行うことが可能です。

積み立てを行う場合に外せないFX口座だと思います。

レバレッジを決める

さて、毎月の積み立て金が決まったら、次にFX特有のレバレッジという値を決めてやる必要があります。

レバレッジとは

FXをご存じない方のために、簡単に説明しておきます。

FXでは、投資する金額に対して、その何倍もの外貨を取引することができる仕組みがあります。この倍率のことを「レバレッジ」と呼んでいます。

例えば、最近の為替レートでは1ドル104円ですので、本来、1ドルを購入するためには104円、100ドル購入するのであれば10,400円が必要です。

しかし、一般の証券会社では、レバレッジが10倍~25倍程度に設定されています。
つまり、本来買うことのできる量が最大で25倍までに設定されているのです。

この仕組みにより、小額でより多くの外貨を買い付けることができます。
104円で買うことのできる米ドルの量は、レバレッジ25倍なら104円×25倍=2,600ドルにも増えます。

ただし、良いことばかりではありません。
多くの外貨を買い付ける一方で、より為替レートの変動に敏感になります。
この点については、後述します。

上記のようにレバレッジが高ければ、より多くの外貨を積み立てることができるように思えます。確かにその通りではあるのですが、実はレバレッジの仕組みは積み立て投資には向いていません
なぜなら、レバレッジを掛けると損失を出す恐れがあるためです。

積み立て投資の目的は、コツコツと貯蓄をすることです。
そこで重要な要素は、堅実に元本を積み増していくことです。
外貨取引ですから将来のリラ高には期待している訳ですが、その一方でリラ安となるリスクはできるだけ負いたくありません。
このことを踏まえると、「レバレッジを利かせて大量のトルコリラを買い付ける」というリスクの高い行為は行うべきではありません。
レバレッジは可能な限り落としたほうが、積み立て本来の趣旨に合致するのです

多くの証券会社では、ハイレバレッジの取引ができることをアピールしています。
しかし、積み立て投資では、そのPRに耳を傾ける必要はありません。
あくまで堅実に元本を増やしましょう。

そのような訳で、本サイトでお勧めするレバレッジの大きさは1倍です。

購入数量を計算する

前置きが長くなりましたが、やっとここで本題です。
毎月の積み立て金額から、FXの取引画面で入力する購入数量を計算します。

購入数量の計算式

購入数量の計算は、以下の計算式で割り出せます。

購入数量=積み立て金÷為替レート÷レバレッジ

計算の例

前述の計算式を使って、具体的な計算をしてみましょう。

まず、ここまで決めた数字は、①積立金1万円、②レバレッジ1倍です。さらにここでは、③為替レート1TRY=48.5円という数字を使いましょう。

  1. 積立金10,000円
  2. レバレッジ1倍
  3. 為替レートTRY/JPN=48.5

これらを数式に代入すると、以下の計算が行えます。

  • 購入数量
  •  =積み立て金÷為替レート÷レバレッジ
  •  =10,000÷48.5÷1
  •  =206.2

つまり、FXの取引画面を通じて206トルコリラを購入すれば良い訳です。

まとめ

以上の通り、毎月の積み立て金額から、FXで購入するトルコリラの数量を計算する方法をご紹介しました。

折角なので、まとめとして投資金額と為替レートの対照表を作成してみました。

為替レート(TRY/JPN) 40.0 41.0 42.0 43.0 44.0 45.0 46.0 47.0 48.0 49.0 50.0
積み立て金 5,000円 125 122 119 116 114 111 109 106 104 102 100
10,000円 250 244 238 233 227 222 217 213 208 204 200
20,000円 500 488 476 465 455 444 435 425 417 408 400
30,000円 750 732 714 698 682 667 652 638 625 612 600

答え合わせや、おおまかに数量を把握する場合にお役立て頂ければと思います。繰り返しになりますが、こうした買い方ができるのがSBI FXトレードの口座を使うメリットです。

同じカテゴリーの関連記事
スワップポイントさや取りに適した通貨の選び方 トルコリラのトレード戦略

【高金利通貨ならでは】スワップサヤ取りの特徴と通貨ペアの選び方

2014年10月11日
トルコリラの為替投資戦略
今回は、サヤ取り通貨ペアの選び方を解説していきたいと思います。基本は、本サイトで扱うトルコリラが対象ですが、他のマイナー通貨にも応用は利くと …
海外投資向けのマイナー外貨が見つかる証券会社 FXの豆知識

海外投資向けのマイナー外貨が見つかるFX会社

2015年1月31日
トルコリラの為替投資戦略
外貨投資の代表としてインドルピー、メキシコペソ、タイバーツに焦点を当て、マイナーな通貨を扱う証券会社を紹介します。具体的にはOANDA Japanです。取り扱い通貨の種類が非常 …