トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

トルコリラのFX投資戦略の世界へようこそ

FXで高いスワップポイントが魅力のトルコリラ。本HPではトルコリラの取引情報を発信しています。

トルコリラの特徴を活かした戦略は色々。トレードスタイルも色々。このページでは、様々なトレード手法をカテゴリごとに分類しています。お好みのトレード手法をご覧ください。

カテゴリートルコリラ通貨の特徴 カテゴリートルコリラのトレード戦略 カテゴリーFX会社の選び方 カテゴリートルコリラトレードの豆知識

トルコリラの投資戦略紹介

FX通貨としてのトルコリラは、スワップポイントが高く、スプレッドが広く、1日の値動きが荒く、FX会社によってサービスも様々という特徴を持っています。よって、どのような投資手法を狙うかにより、使うべきFX口座もトレード手法も異なります。

スワップポイントの高さを活かしたホールド戦略から1日の変動を狙うデイトレードまで。以下にトルコリラならではのトレード手法の特徴をご紹介します。

トルコリラの長期保有

安いときに買って保有を続けるだけ・・・。実は単純なようでいて高度の知識が求められる奥の深い戦略です。買い時を見極めるテクニカル分析と為替レートの動向を考えるファンダメンタル分析。さらにトルコのGDPや世界の金融政策など、国外・国内の金融動向に精通している必要があります。

もっとも、トルコリラを保有している限り、日々、高金利トルコリラのスワップポイントを受け取ることができます。多くの人が望んで止まないスワップポイント戦略です。ポイントは、スワップポイントが高くて、なおかつ安定して推移しているFX口座で保有することです。

長期保有向けのFX会社

ポイントはともかくスワップポイントが高く、なおかつ安定していること。あまりスワップポイントの上下動が激しいFX会社は×。長い実績があることが重要。

おすすめ記事

セントラル短資FX

  • 日本のFX会社でトルコリラを扱い始めた先駆け的存在。
  • スワップポイントが安定の高水準。長いこと業界トップクラスのスワップポイントでサービスを続けている。
  • 国内資本のFX会社では老舗で歴史も長い。
  • トルコリラのサービスに力を入れている。
  • セントラル短資FX主催でトルコリラのFXセミナーも開催。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
FXダイレクトプラス
セントラル短資FXのトレードツール紹介中

スマホアプリやみらいチャートなどセントラル短資FX独自のトレードツール。毎月のコラムでお役立ちツールの使い方を紹介しています。今月のツールTipsはこちら。

外為どっとコム

  • 2014年からトルコリラの取り扱いに新規参入。
  • 日々のスワップポイントの業界最高値を狙っている様子。ランク上位に食い込む。
  • 実績こそ少ないもののスワップポイントは高い。
  • とは言いつつ、トルコリラを扱い始めて既に3年経過。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
高スワップポイント
スプレッド原則固定
トレーダーレベル:
初級者から上級者まで
>>紹介記事はこちら

SBI FXトレード

取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
低額資金運用向け
スプレッド原則固定
トレーダーレベル:
初級者でもOK
>>紹介記事はこちら
  • SBI FXトレードはSBIグループのFX会社。SBI証券とは別。
  • ただSBIグループそのものはトルコリラの扱いが長い。
  • トルコリラ円を1通貨から取引できる点が便利。
  • おそらく毎月の積立型運用に向いている。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
SBIFXトレード
▲戦略一覧へ

トルコリラの積み立て

毎月毎回、決めた金額だけ積み立てる。分散してコツコツ買い付けることで為替の変動リスクを平均化。長期保有戦略をマイルドにした手法です。ゆえにレバレッジは基本1倍。大きくとも2倍までに。

銀行の外貨預金は高金利通貨であってもお両替手数料をペイすることができません。そんな問題もFXのコストメリットを活かせば解決します。低コストでじぶん専用の外貨預金を作成可能。利回りもコストも外貨預金より断然お得です。

積み立て向けのFX会社

一般のFX会社では買い付け単価が高すぎます(1ショット10,000トルコリラ=50万円単位)。買い付け単価が安いFX会社を選ぶことがポイントです。

1,000通貨単位ならセントラル短資FXで。スワップポイントが高めです。

1通貨単位の売買が可能なSBI FXトレードかOanda Japanも便利です。買い付け数量を柔軟に変更することが可能だからです。毎月の積立金額を一律に固定してもトルコリラの単価は為替レート次第です。積立金の金額で買い付けるトルコリラの数量も変わります。ドルコスト平均法を使って計算しましょう。

おすすめ記事

セントラル短資FX

FXダイレクトプラス
  • 1,000通貨単位のFX会社では比較的スワップポイントが高い。
  • 1,000通貨単位のメリットを活かして、コツコツ積み立て。
  • チャートが読めれば、安い時を狙ってよいかも。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
スワップポイント高水準。
1,000通貨取引
トレーダーレベル:
初級者から中級者まで
>>紹介記事はこちら

SBI FXトレード

  • トルコリラ円を1通貨から取引可能。
  • つまり30円~50円単位でトルコリラを買うことができる。
  • FX会社としてスワップポイントはまあまあ程度。それでもトルコリラそのものの利回りは高い。
  • 他の高金利通貨も売買可。南アフリカランドや豪ドル円など。
  • 何気に人民元や韓国ウォンもあります。
  • デューカスコピージャパンの詳細はこちら
SBIFXトレード

オアンダジャパン

  • 1通貨単位で取引可能。金額を細かく設定して積み立て。
  • 円→トルコリラに計算して、ドルコスト平均法を厳密に適用することが可能。
  • ただし、スワップポイントは安め。背に腹は変えられない!?
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円・ドルトルコリラ・ユーロトルコリラ
タイプ:
1通貨単位取引
スワップポイント安い
トレーダーレベル:
初級者から中級者まで
>>紹介記事はこちら
▲戦略一覧へ

スイングトレード

数日から数週間に渡ってポジションを保有し続けるスタイル。ポジションの方向は売り/買いにこだわりません。トレンドの強弱を掴むことがカギになります。

管理人個人としては、初心者にはここから始めて欲しいと思います。チャートの読み方、ニュースの読み方、エントリーと決済のタイミング、時期的な要因など。FXで勝つための基本要素がここに詰まっています。

最近ではスマートホン向けの取引アプリも充実してきました。忙しい方(管理人含む)でもトレードしやすいのもメリットです。管理人は、基本このスタイルを取っています。

おすすめ記事

スイングトレード向けのFX会社

スプレッドが狭い方が好ましい。エントリーコストが低い取引口座なら、損切りを躊躇せずに済みます。

スワップポイントが売買ポジションの方向に合っていれば尚よし。受取スワップは多く、支払いスワップは少なく。売り用or買い用で複数の口座を持っていても良いと思います。

デューカスコピージャパン

  • ともかくスプレッドが狭い。トルコリラ円1銭から。
  • 日中のスプレッド拡大が少ない点もポイント高い。日中の新規・決済も躊躇しない。
  • 低スプレッドの影に優秀なカバー先の存在がチラり。
  • 何気にインターバンクの板情報(注文状況)が見れます。
  • セキュリティが厳しく、スマホアプリはログインが面倒だが・・・。
  • チャート機能が充実。秒足チャートとかあります。
  • デューカスコピージャパンの詳細はこちら
デューカスコピー・ジャパン

ヒロセ通商 LION FX

  • トルコリラ円のスプレッドを引き下げた。原則固定の2.9銭。
  • ドル・トルコリラとユーロ・トルコリラも扱っている。国内資本のFX会社では珍しい。
  • 管理人はスマホアプリを愛用。使い勝手が大変よい。twitterにぺたぺたしている。
  • アプリではトルコリラ関係のニュースも配信(要ログイン)。更新が早い点が◎。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円・ドルトルコリラ・ユーロトルコリラ
タイプ:
高スワップポイント
スプレッド原則固定
トレーダーレベル:
初級者向け
>>紹介記事はこちら

GMOクリック証券 FXneo

  • 2017年に新規参入。スプレッド原則固定の2.9銭。
  • 新規参入につきスワップポイントも高め。
  • 南アランドやユーロ豪ドルも。全般的にスプレッド狭い傾向。
  • FXneoの口座とは別にくりっく365口座も開設可能。お好みに応じて。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
▲戦略一覧へ

デイトレード

高スプレッドのはずのトルコリラでまさかのデイトレード。大丈夫です。トルコリラは1日300pips(対ドル)余裕で動きます。2017年からは業界全体でトルコリラ円もスプレッドが縮小する傾向に。デイトレも現実的なトレードスタイルになりました。

攻略のポイントは夕方から始まるロンドン時間。欧州トレーダーの値動きを如何に利用するか?彼らの思惑を読み解くことが利益への近道です。嫌われ者のロンドントレーダーも、意図を汲んでやれば強い味方になります。

ロンドンタイムの攻略にはスマホアプリが便利。サラリーマンでも夕方からのトレードが可能です。

おすすめ記事

デイトレード向けのFX会社

スプレッドの狭い口座で取引するに越したことはありません。ドルリラのデイトレードだと、売買口座の選択肢はOANDA Japanに限られます。スプレッドの目安はUSDTRYで10pips程度。

トルコリラ円は未知数。日本円の動向次第でしょうか。「デイトレを目的にトレードする」というより「短期売買が結果的にデイトレになった」の方が多いかも。いずれにせよスプレッドは狭いに越したことはありません。

オアンダジャパン

MT4スプレッド
  • デイトレするならトルコリラ対ドルが基本。動きが分かりやすいはず・・・。
  • トルコリラ円もスプレッド縮小。1.9銭~2.0銭に引き下げられました。
  • スマホアプリを使いこなしましょう。出先でとても便利です。
  • 実はMT4を使えると自動売買が非常にはかどるFX会社。市場データ多数。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円・ドルトルコリラ・ユーロトルコリラ
タイプ:
低スプレッド(変動)
低スワップポイント(変動)
トレーダーレベル:
中級者以上
>>紹介記事はこちら

デューカスコピージャパン

  • トルコリラ円の低スプレッドが短期のトレードを可能に。
  • 何気に日中でも他社ほどスプレッドが広がらない(5銭目安)。
  • NY時間なら、ふつーに1銭~2銭の驚異的なスプレッドが見れます。
  • あえて売買手数料を取る仕組みを採用。スプレッド変動で利益を出さない意思を表明しています。
  • トルコリラ円以外のTRY通貨ペアもあればなぁ、という点はご愛敬。
  • デューカスコピージャパンの詳細はこちら
デューカスコピー・ジャパン
▲戦略一覧へ

システムトレード戦略

ここで言うシストレとは、FX会社が提供する売買システムを利用する方法を指します。いわゆる「トラリピ」に代表される、自動注文システムを利用します。

トルコリラのシストレと言えば、マネースクウェアジャパンのトラリピが対応しています。ただ最近になって、他のシステム提供会社がトルコリラ円の取り扱いを始めました。同じトルコリラの取引であっても、シストレが加わり、売買戦略の幅が広がった訳です。

シストレを利用するメリットは、細かな変動に対応しやすいことです。為替レートは一直線に動くことがありません。大局的には大きな変動であっても、その途中には細かな上下動が発生します。例えば、38円⇒40円の値動きの中には、38円⇒39.5円⇒39円⇒40円といった小さな波が含まれています。

そんな細かな変動に対し、シストレではチャートの変動を漏れなく利益に変えようというのです。システムは自動注文機能を利用して細かい注文をいくつも出します。新規建て・決済を細かい値幅で繰り返すことで、利益の最大化を図ることができます。

説明が難しいので、詳細は各FX会社の紹介ページをご覧ください。上昇・下降トレンドばかりでなく、レンジ相場に強いのが特徴です。

おすすめ記事

シストレ向けのFX会社

FX会社提供のシステムを利用して半自動売買。ここ数年になって、いくつかのFX会社がプログラム済みの売買システムを提供するようになりました。

代表的なものはマネースクウェアジャパンの「トラリピ」、インヴァスト証券の「AP(オートパイロット)注文」、外為オンラインの「iサイクル注文」です。いずれのシステムもトルコリラ円の売買に対応しています。

基本的には、細かな変動を取りに行くシステムです。新規建て・決済の値幅を細かく区切ることで、FX相場にありがちなチャートの波を漏れなく利益に変えていきます。この注文の出し方・システム構成が各社の特色を決める要素です。

いずれのFX口座も細かな売買を前提としているためか、スプレッドが狭い傾向にあります。

マネースクウェアジャパン

マネースクウェア・ジャパン ポケトラアプリ用
  • システムの名称はトラップ・リピート・イフ・ダン。通称「トラリピ」。専売特許。
  • 上値と下値を決めれば勝手にトレードしてくれる。
  • 高頻度の売買のためかスプレッドは狭い。
  • トルコリラは値動き荒いので結構いける。
  • トラリピの特設ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
トラリピ(半自動売買)
低スプレッド(変動)
トレーダーレベル:
初心者~中級者
>>紹介記事はこちら

外為オンライン(くりっく365)

外国為替証拠金取引の外為オンライン
  • 同じくくりっく365で外為オンライン。
  • 外為オンラインならトルコリラ円でもⅰサイクル注文が利用可能。
  • ⅰサイクル注文は利益最大化のためのシステムトレード。くりっく365の低スプレッドとも相性が良い。
  • 外為オンラインの詳細はこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
低スプレッド(変動)
スワップポイント中程度
トレーダーレベル:
初心者向け
>>紹介記事はこちら

インヴァスト証券

  • インヴァスト証券では「トライオート」の口座で、トルコリラ円の自動注文が利用可能です。
  • システムの自由度が高いのが特徴です。個別の注文に変更を加えやすい点が他の自動注文システムと異なるポイントです。例えば、サポートライン付近で厚く買い、レジスタンス付近に決済を集中するといった戦略が可能となります。
  • メジャー通貨であれば売買プログラムのバックテスト(売買システムの検証)も可能。トルコリラ円だけはバックテスト非対応なのは残念です。
  • 当然、裁量トレードも可。実はシステム非利用だとスプレッドが非常に狭いという特徴アリ。
  • トライオートの特設ページはこちら
トライオート
▲戦略一覧へ

トルコリラのスワップさや取り

FX会社によってトルコリラのスワップポイント設定が異なることを利用したトレード。スワップポイントの高いFX会社で買いポジションを保有し、スワップポイントの安いFX会社で売りポジションを両建て。日々、スワップポイントの差額を受け取る=鞘(さや)を抜くことができます。

さや取りは、別名「異業者両建て」とか「スワップアープ」とも呼ばれます。アービトラージ(arbitrage:裁定取引)の一種です。トルコリラは長いこと、裁定の機会が継続しています。利回りは政策金利よりも、FX会社のスワップポイント動向で変わってきます。

当然、スワップポイントの高い/安いFX会社を選ぶことが必須。加えるならば、ロスカットに遭わぬように資金移動の手間を惜しまぬ努力も必要です。

異業者両建て向けのFX会社

スワップポイントの高いFX会社は、セントラル短資FXでしょうか。高い水準で安定して推移しています。裁定の機会を崩さないためにはスワップポイントが安定していることも重要。

売り口座はオアンダジャパン(トルコリラ円・ドルトルコリラ・ユーロトルコリラ)、もしくはマネースクウェアジャパン(トルコリラ円・ドルトルコリラ)など。ただ、売り口座の支払いスワップポイントは変動しやすい傾向があります。実はこちらの方が難しい。裁定の機会が失われる期間も存在します。

スワップアープのおすすめ記事

セントラル短資FX

FXダイレクトプラス
  • 安定の高スワップポイント。
  • 管理人の知る限り、業者都合の強制決済はない。
  • トルコリラに関するセミナーも開催。
  • 異業者両建てから始めて裁量トレードに移っても◎。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円
タイプ:
高スワップポイントで安定。
トレーダーレベル:
初級者OK
>>紹介記事はこちら

オアンダジャパン

  • スワップポイントが安い。ゆえに支払いスワップも安い。
  • ドルトルコリラ・ユーロトルコリラのスワップアープにも挑戦したい場合に。
  • システムにちょっとクセがある。背に腹は変えられない!?
  • MetaTrader4を使いこなせれば非常に便利なFX会社。やや中級者向け。
  • 口座開設・詳細ページはこちら
取り扱い通貨:
トルコリラ円・ドルトルコリラ・ユーロトルコリラ
タイプ:
高スワップで安定
MT4対応FX会社
トレーダーレベル:
中級者以上
>>紹介記事はこちら

マネースクウェアジャパン

  • システムトレード。通称「トラリピ」。専売特許。
  • トラリピが高頻度の売買のためかスプレッドが狭い。
  • 為替差益が狙う手法であるためかスワップポイントが安い。
  • 支払いスワップも安い。ということは・・・。
  • トラリピの特設ページはこちら
マネースクウェア・ジャパン ポケトラアプリ用
▲戦略一覧へ