トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

各FX証券会社のトルコリラスワップポイント6月

トルコリラのスワップポイント

今回は、以前から読者の方にご提案頂いていたスワップポイントの紹介を行いたいと思います。

トルコリラのスワップポイントは、各FX証券会社でばらつきがあります。買いスワップポイントは、結構、簡単に調べられるのですが、売りスワップを公開している所はなかなかありません。また、OANDA Japanなど、スワップポイントそのものを非公開としている会社もあります。

そこで、今回は筆者の知る範囲で、各証券会社・各トルコリラ通貨ペア(USD/TRY,EUR/TRY,TRY/JPN)のスワップポイントをご紹介していこうと思います。

  1. トルコリラ通貨ペアのスワップポイント表
  2. スワップポイントデータについてのコメント
    • おすすめ証券会社について
    • トルコリラ対ドル・対ユーロの取引について
    • 売りスワップについて
    • 調査中の証券会社について

トルコリラ通貨ペアのスワップポイント表

各トルコリラ通貨ペア(USD/TRY,EUR/TRY,TRY/JPN)・各証券会社スワップポイントは、以下の通りです。

  • ※注意1 2014年6月15日調査
  • ※注意2 データは、10,000トルコリラ当たりの金額に換算して統一(証券会社によって1lotの数量が異なる)。
  • ※注意3 スワップポイントのデータは、任意の一日の金額。データの対象とする記録日は、筆者の主観に基づき選定。

トルコリラ受け取りスワップ表

FX証券会社USD/TRYEUR/TRYTRY/JPN
サクソバンクFX224336116
OANDA Japan218286104
アヴァトレードジャパン調査中調査中調査中
FXCMジャパン18222768
FXフィナンシャルトレード19068
ヒロセ通商14418360
SBI証券 SBIFXα100
セントラル短資FX108
日産センチュリー証券調査中調査中調査中
  • ※表の並び替えが可能です。
  • ※USD/TRYの通貨ペアは売り(Bid)でトルコリラ買い=スワップポイント受け取りとなります。
  • ※EUR/TRYの通貨ペアは売り(Bid)でトルコリラ買い=スワップポイント受け取りとなります。
  • ※TRY/JPNの通貨ペアは買い(Ask)でトルコリラ買い=スワップポイント受け取りとなります。

トルコリラ支払いスワップ表

FX証券会社USD/TRYEUR/TRYTRY/JPN
サクソバンクFX-292-370-130
OANDA Japan-324-440-154
アヴァトレードジャパン調査中調査中調査中
FXCMジャパン-361-485-153
FXフィナンシャルトレード-190-68
ヒロセ通商-184-254-85
SBI証券 SBIFXα-150
セントラル短資FX-113
日産センチュリー証券調査中調査中調査中
  • ※表の並び替えで、ランキング表示することができます。
  • ※USD/TRYの通貨ペアは買い(Adk)でトルコリラ売り=スワップポイント支払いとなります。
  • ※EUR/TRYの通貨ペアは買い(Ask)でトルコリラ売り=スワップポイント支払いとなります。
  • ※TRY/JPNの通貨ペアは売り(Bid)でトルコリラ売り=スワップポイント支払いとなります。

スワップポイントデータについてのコメント

おすすめ証券会社について

スワップポイントの大小に限って言えば、当サイトでは以下の証券会社をおすすめしています。

  • トルコリラ対円買い(TRY/JPN買い)
     →セントラル短資FXorOANDA Japan
  • トルコリラ対ドル・ユーロ買い(USD/TRY,EUR/TRY売り)
     →OANDA Japan
  • トルコリラ対ドル・ユーロ・円売り(USD/TRY,EUR/TRY売り,TRY/JPN売り)
     →ヒロセ通商

これは、金額の大小も去ることながら、スワップポイントの安定性という要素も考慮した結果です。一部の証券会社では、金利の変動が大きいこともあります。この点、データに反映できていないのが課題です。

トルコリラ対ドル・対ユーロの取引について

対象となるデータは、やはりTRY/JPNが多くなります。これは、トルコリラ扱い業者といっても、対日本円のペアでしか扱っていない証券会社が国内では多いためです。

なんだかんだ言って、対ドル(USD/TRY)、対ユーロの取引は外資系証券会社が取り扱っています。この点、ヒロセ通商のみ、例外的に国内証券会社となります。

リラ売りのスワップについて

読者の方によると、やはり売りスワップを調べるのが困難であるようです。実際、買いスワップのデータをまとめたサイトはあっても、売りスワップをまとめたデータはネット上にほとんどありません。なんだかんだで、トルコリラはスワップポイントの受け取りが魅力的な通貨です。

もっとも、売りスワップのデータに需要がない訳ではありません。スワップアープに必要となるからです。

スワップアープについては興味のある方は、以下の記事を参考にしてください。

記事:トルコリラのスワップポイント裁定取引

調査中の証券会社について

アヴァトレードのスワップポイントが高いとの噂があるのですが、筆者は口座を持っていません。この点、調査中としています。時間がある時に、口座を開いて調べようと思います。

同じく、読者の方から頂いた連絡で、日産センチュリー証券の支払いスワップが安いとの情報を頂きました。あまりにマイナーなので、管理人も見逃していました。こちらも時間を作って調べたいと思います。

今後も調査を進めながら、月1回位は更新していきたいと思います。

FXダイレクトプラス

関連記事

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー