トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

セントラル短資FXのみらいチャートを考察した

セントラル短資FXのチャート予測ツール

FXのチャートパターン予想ツールの読み方を解説していきたいと思います。セントラル短資FXの形状予測ツール「みらいチャート」を使用します。

一部のFX会社では、将来の為替レートを予測するツールを提供しています。トルコリラの場合は、セントラル短資FXが提供する「みらいチャート」が唯一の予測ツールです。仕組みとしては、過去のチャートパターンから類似する形状を探し出し、近い将来の為替レートに当てはめるというアルゴリズムが組まれているようです。

今回は、この未来チャートを例に、チャート形状予測ツールの妥当性と適切な使い方を解説していきたいと思います。

  1. みらいチャートの概要
  2. 3つのシナリオと解説
    • 基本のトレンドフォロー
    • もみ合いと壁
    • トレンドブレイク
  3. トルコリラは日足で使う

みらいチャートの概要

はじめにみらいチャートの画面を使って、概要を説明していきましょう。以下は、2015年11月現在、みらいチャートが指し示す為替レートの将来予想です。

みらいチャートの画面概要

みらいチャートの画面概要

  1. 投資判断:現在は「買い」の判断です。この表記にはあまり重要性はありません。
  2. シナリオ×3:現在から2週間程度先までの想定シナリオが提示されます。各シナリオの内容を検討することが使い方のキモになります。
  3. 過去のチャートパターン:予想の根拠とした過去のチャートパターンが併記されます。
  4. 時間軸:日足をはじめ、5分足から週足までの時間軸をフォローしています。後述しますが、トルコリラは日足で使います。

将来の形状予測のアルゴリズムには、過去のチャートパターンと照らし合わせる手法を利用しているようです。各シナリオには、形状の一致率(99.0%)の表記とともに、根拠となる過去のパターンが示されています。

将来の予想といっても、何もないところから予想が立てられる訳ではありません。全てのテクニカル分析は、過去の値動きを元にして解析されます。裏を返せば、チャートパターン予想ツールというのは、歴としたテクニカル分析のひとつであるといって良いでしょう。相応の根拠がある分析手法と考えます。

3つのシナリオと解説

みらいチャートをはじめとしたチャート予測ツールは、複数のシナリオを提示するケースが一般的です。おそらく・・・ではありますが、この3つのシナリオは以下のパターンで決まっているものだろうと考えます。

  • トレンドフォロー
  • もみ合い入り
  • トレンドブレイク

パターンが決まっているのであれば、各シナリオの確度は1/3ずつ割り振られて振られている訳ではないでしょう。重要なのは、各シナリオの何を見るかという点です。以下には、現在示されているシナリオを例に、シナリオ分析で重要視すべきポイントを解説していきます。

基本のトレンドフォロー

チャート分析の基本は、トレンドが継続するという視点で見ることです。今回示されているシナリオ1は、トレンドフォローのシナリオ分析です。

トレンドフォローのシナリオ

トレンドフォローのシナリオ

一応は上値が指し示されていますが、このケースでは更に上も想定されます。実際問題、トルコリラというはひとつのトレンドが長く続く傾向の通貨です。

トレンドフォローのシナリオで見るべきポイントは、通貨レートの上昇度合いです。現在のトレンドが継続すれば、2週間後にはこれくらいのレートになる=逆説的には、2週間後に推定レートに到達していればトレンドが継続している。シナリオ1で見るべきは、トレンドの継続の有無です。

ポイント:トレンドフォローのシナリオでは、通貨レートの上昇度合いを見る。想定通りの上昇度合いで推移している限り、トレンドは継続していると判断できる。

もみ合いと壁

実は一番大切なのが、この停滞パターンをよく考察することです。シナリオ2は、壁にぶつかってトレンドが停滞する=もみ合いレンジ入りの予想パターンです。

壁にぶつかり揉み合い入りのシナリオ

壁にぶつかり揉み合い入りのシナリオ

チャート形状予測ツールを使う最大のメリットは、「壁」の位置を分かりやすく教えてくれることです。今回のケースでは、44円辺りにひとつの節目があることを教えてくれています。考察する際に重視すべきポイントが、この「壁」の為替レートです。

既にポジションを持っていたならば、壁に近づいた時点で決済もしくはホールドの判断をする時期だと分かります。新規のエントリーなら、壁を抜けたところです。少なくとも「壁の手前でエントリー→トレンドが反転して痛い目に遭う」という事態は避けられます。

ポイント:もみ合い入りの想定シナリオでは、チャートが折り返す想定レートを見る。ポジション調整を検討するタイミングを測る。

余談ですが、今回示されているシナリオの壁の位置は、おそらく過去にもみ合いがあったレートを根拠に定められているようです。チャートの枠に入り切りませんでしたが、トルコリラは直近で45円付近でもみ合った事実があります。この見方は一般のチャート分析でも行う手法なので、相応に根拠のある数字であると思います。

トレンドブレイク

最後のシナリオ3は、トレンドラインを割り込むケースです。これは意外と簡単です。不測の事態で急落するパターンを示しています。

トレンドブレイクのシナリオ

トレンドブレイクのシナリオ

チャート上では上昇トレンドの最中であっても、現実問題では何が起こるのか分かりません。テロや事件、重要人物の発言など、FXにはサプライズが付き物です。

ただ、このトレンドブレイクのチャートパターン。配慮すべきではありますが、本命にする必要はありません。サプライズが起きたら対処すればよい訳で、頭の片隅に置いておけばよいという類のシナリオです。

トルコリラは日足で使う

最後に重要な時間軸の設定の仕方について。個人的には、日足チャートでの分析が適切な使い方だと思います。デイトレに使うには欧州勢の需給要因などの外乱が多すぎますし、週足チャートではあまりテクニカルが重用視されません。ほどよい時間単位としては、日足チャートで考察するのが一番でしょう。

使い方は、ここまで述べてきた通りです。「壁」を超えたらポジションを増やしてもよし。トレンドの転換を予想して押し目を待ってもよし。いずれの場合も、みらいチャートが視覚的なシナリオでチャート分析を補完してくれます。

2015年現在、管理人の知るトルコリラのチャート予想ツールは、セントラル短資FXの「みらいチャート」だけです。セントラル短資FXのログインIDさえ持っていれば、無料で利用できます。これを機会に取引口座を開いてみてはいかがでしょうか。当然、トルコリラ扱いFX会社としても優秀です。

【セントラル短資FX~FXダイレクトプラス】の詳細・口座開設はこちら。
FXダイレクトプラス

関連記事

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー