トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

異業者両建てのためのトルコリラ通貨ペアの特徴

異業者両建てのためのトルコリラ通貨ペアの特徴

異業者両建てのためのトルコリラ通貨ペアの特徴

今回は、異業者両建ての通貨ペアの選び方を解説していきたいと思います。基本は、本サイトで扱うトルコリラが対象ですが、他のマイナー通貨にも応用は利くと思います。

トルコリラは、異業者両建てと一口に言っても、相手方の通貨によって、運用の安定度や利幅の大小が変わってきます。トルコリラの通貨ペアと言えば、トルコリラ円(TRY/JPY)以外にも、トルコリラ対ドル(USD/TRY)や対ユーロ(EUR/TRY)という選択肢があり得ます。同じ異業者両建てであっても、それぞれの通貨ペアで運用の利点と特徴が異なります。

ここでは、トルコリラ円(TRY/JPY)とトルコリラドル(USD/TRY)を比較し、各通貨で建てるスワップ鞘取り(さやどり)の実践課題を解説していきます。

  1. スワップ鞘取り通貨の選び方
  2. トルコリラ円の鞘取りは低リスク
  3. トルコリラ対ドルでアグレッシブに
  4. まとめ

スワップ鞘取り通貨の選び方

鞘取りを狙う通貨は、高金利通貨でなければなりません。なぜなら、金利の高い通貨の方が裁定の余地が大きいからです。

裁定の余地とは

スワップポイントの異なる2つのFX業者で、売り・買い両方のポジションを建てても、スワップの差額で利益が出るケースがあります。この状況を「裁定状態」とか「裁定の余地がある」と言います。FXで言うところの鞘取りとは、このスワップの裁定の余地を利用して利益を得る手法です。他に「異業者両建て」、「スワップただ取り」、「スワップアープ」等の呼び方があります。

実際のトレードでは、スワップポイントの異なる2つのFX業者を利用します。スワップポイントの高い証券会社で買いポジション、スワップポイントの低い証券会社で売りポジションを建てます。スワップポイントのトータルでプラスの差額が生じれば、裁定の余地があります。別々の口座でポジションを両建することで、為替変動のリスクを抑えながら、スワップポイントの差額だけ利益が生まれます。

スワップポイントの鞘取りで一つのポイントになるのが、通貨ペアの選び方です。というのも、鞘取りの対象とする通貨ペアは、高金利通貨でなければならないためです。ユーロやドルでは、スワップポイントそのものが安くて、証券会社間のスワップ差が生まれません。これらは「メジャー通貨」と呼ばれ、どこの業者もスワップポイントに関しては、似たりよったりのサービスを展開しています。

FXの鞘取りに向く通貨ペア

FXの鞘取りに向く通貨ペア

金利の高い通貨ペアは、主には新興国通貨(エマージェンシー通貨・マイナー通貨)が対象になります。具体的には、ブラジルレアルやインドルピー等が新興国通貨です。また、新興国でなくとも政策で高金利を設定している国(ノルウェー・スウェーデン)もあります。ただし、これらの通貨ペアはマイナーであるが故、扱っている証券会社を探すことからして難しい状況があります。

そんな高金利マイナー通貨の中でも、近年、取り扱い証券会社が増えてきている通貨がトルコリラです。外資系証券会社では、デフォルトで取り扱い通貨に設定されつつあります。国内証券会社でも、徐々に扱うところが増えてきました。結果、裁定の余地がある業者の組み合わせを探すことも容易になってきました。この状況を鑑みると、トルコリラはスワップの鞘取りに向いている通貨であるといえます。

トルコリラ円の鞘取りは低リスク

トルコリラの通貨ペアは、主に3つの通貨ペアがあります。

  • トルコリラ円(TRY/USD)
  • トルコリラ対ユーロ(EUR/TRY)
  • トルコリラ対ドル(USD/TRY)

この中で、低リスク運用・長期スパンの鞘取りに向いている通貨ペアがトルコリラ円です。理由は、2つ。一つは、為替レートの変動が緩いこと。もう一つは、国内証券会社を利用することができることです。

為替レートの変動が緩い

一つ目の理由は、3つの通貨ペアの中ではトルコリラ円が、最も値動きが少ないことです。トルコリラ対ドル、トルコリラ対ユーロは、アメリカとEUの情勢次第で荒い動きをします。一方で、トルコリラ円はドル/円レートが緩衝材になって、値動きが抑えられる傾向にあります(トルコリラ円の為替レートはトルコリラドル×ドル円で値動きが決まります。大体の場合、トルコリラドルとドル円は逆向きの値動きをします)。

為替レートの値動きが小さければ、その分、スワップ鞘取りのリスクであるロスカットの可能性が減ります。資金移動の手間やロスカットのリスクを考えると、トルコリラ円がもっとも低リスク運用に向いた通貨ペアであるといえるでしょう。

参考記事:

国内証券のスワップも変動が緩い

もう一つ、トルコリラ円の鞘取り運用が低リスクである理由は、国内の証券会社同士の異業者両建てをすることができる点です。そのメリットは、国内証券会社は外資に比べてスワップポイントの変動が緩い点がまず第一にあります。国内の証券会社は、突然、スワップポイントを下げるようなことをあまりしません。緩やかに変動します。

スワップポイントの順位がほとんど入れ替わらない点もポイントです。国内証券会社は、各々の経営方針に沿ってスワップポイントを設定しています。結果、各社の立ち位置が明確です。支払いスワップの安い証券会社が、突如として高スワップ業者に化けるようなことがない訳です。逆に言えば、外資系証券はスワップポイントの変動が激しいので、裁定の機会が解消する(支払いスワップが受け取りスワップを上回る)リスクがあります。

スワップ鞘取りのリスクを減らすには

スワップ鞘取りのリスクを減らすには

国内証券会社同士の組み合わせでは、マネースクウェアジャパン(買い)とヒロセ通商(売り)が無難なところでしょうか。2014年10月現在、スワップポイントと裁定利益は以下のようになっています。

売買証券会社スワップポイント
トルコリラ円買いマネースクウェアジャパン+96円
トルコリラ円売りヒロセ通商-80円
差額+16円
※10,000通貨当たり ※2014.10.11現在
  • トルコリラ円買いポジション→マネースクウェアジャパン(紹介記事
  • トルコリラ円売りポジション→ヒロセ通商(紹介記事

各証券会社の詳細は、紹介記事を参考にしてください。

トルコリラ対ドルでアグレッシブに

トルコリラ円の両建て運用が日本版アレンジなら、トルコリラ対ドル(USD/TRY)のスワップアープは「元祖」とも言うべき存在です。世界的には、ドルストレート通貨が基本です。その特徴には、ドルストレートは為替レートの方向性を読みやすいこと、レバレッジが利くので高利回りを狙い易いことが挙げられます。

トルコリラドルで鞘取りする場合のポイントは、外資系証券会社を利用することです。理由は2つあります。

選択肢が多い

外資系証券会社を視野に入れると、トルコリラ扱い業者の選択肢が広がります。選択の幅が広がる分、スワップポイントの裁定が大きくなる可能性が出てきます。

加えて、国内の証券会社があまりトルコリラ対ドルを扱っていないという実状もあります。現在の所、USD/TRYを扱う国内証券会社はヒロセ通商くらいでしょうか。もちろん、有利な取引ができるようなら、外資にこだわらず、ヒロセ通商を使えばよいと思います。

参考:ヒロセ通商はスワップポイントが安い

レバレッジが利く

国内の証券会社でトルコリラを取引すると、レバレッジがあまり利きません。多くの国内証券会社は、トルコリラの最大レバレッジは10倍程度に抑えているようです。おそらく、為替レートの変動が激しいことが理由でしょう。

一方の外資系証券会社では、法律で定められた上限の25倍までレバレッジが利きます。レバレッジが利くと、両建ての損失口座がロスカットに逢いにくくなるので、両建て解消のリスクが減ります。結果、資金移動の頻度と余裕資金の金額を減らすことができます。特に、移動用の余裕資金を減らすことで、利回りが高くすることができます。

レバレッジが利く、選択肢の幅が広い。この二つの理由で、トルコリラ対ドル(USD/TRY)の両建て運用は、利回りが大きくなるポテンシャルがあります。

鞘取り通貨の利率を計算

鞘取り通貨の利率を計算

ちなみに、鞘取り通貨というのは、対ドルであっても、対円であっても、スワップポイントの利率はあまり変わりません。多くの方に、対ドルや対ユーロの方がトルコリラ円よりもスワップポイントが高いと勘違いされがちです。しかし、必要保証金の金額も上がるので、結果として、どの通貨ペアも同程度の利回りに留まります。FXのスワップポイントは「2国間の政策金利の差で決まる」という原則に則れば、当然の結果です。

通貨ペアスワップポイント必要証拠金(目安)利率
トルコリラ円(USD/TRY)+77円/日20,000円0.385%/日
トルコリラ対ユーロ(EUR/TRY)+227円/日55,000円0.412%/日
トルコリラ対ドル(USD/TRY)+177円/日43,000円0.412%/日
※10,000通貨当り ※アヴァトレードを利用の場合 ※証拠金は現在の為替レートより算出

もっとも、スワップポイントの金額というのは、証券会社によって変わってきます。実際の運用では、スワップポイントの差額が大きい証券会社の組み合わせを探す必要もあります。外資系証券会社同士で鞘取り口座を作るなら、管理人のおすすめは以下の組み合わせです。

  • USD/TRY売りポジション→アヴァトレードジャパン(紹介記事
  • USD/TRY買いポジション→FXトレードフィナンシャル

※USD/TRYの通貨ペアは「売り」で「ドル売り・トルコリラ買い」、「買い」で「ドル買い・トルコリラ売り」になります。トルコリラ円(TRY/JPY)と勝手が違うので、注意してください。

まとめ

以上の通り、本サイトが扱うトルコリラを例として、スワップ鞘取り通貨ペアの選び方をご紹介しました。

個人的には、オーストラリアドルやニュージーランドドルの異業者両建てよりも、リスクとゲインのバランスが良いのではないかと思います。為替レートが安定していると言われていたオーストラリアドルも、2014年10月現在、大幅な下落局面を迎え、変動リスクが高まっています。こうなると、鞘取りするための金利通貨は、もはや単純にスワップポイントの大小が選択の基準となるでしょう。

また、前述の2通貨ペアはメジャー通貨化するにつれ、裁定の余地がなくなっていく通貨ペアです。逆に、トルコリラは取り扱い証券会社が増えるに従い競争が進み、サービスの向上が見込まれます。将来性という点でも、トルコリラの異業者両建ては面白味のある選択肢ではないでしょうか。

スワップ鞘取りに関しては、本HPの他の記事も参考にして頂ければ幸いです。

参考記事:トルコリラ両建てのスワップ裁定取引

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー