トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

6月相場の主役~ヘッジファンドとその習性

6月相場の主役~ヘッジファンドとその習性

5月も終盤を過ぎ、6月の為替相場がやってきました。例年、6月というのはバランスシートを縮小したヘッジファンドが金融資産の買い戻しを行う傾向がある時期です。今回は、ヘッジファンドの運用手法や傾向を考慮しながら、為替相場の値動きを考えてみましょう。

米量的金融緩和が始まって以降は、世界の金融資産=米株ですから、自然と米株が高騰する傾向にありました。米株が買われればば、米ドルが買われる。米株指数が上がれば、日本の東証株価も買われる。日本株が買われれば、日本円は売られる(為替ヘッジ)。そんな訳で、6月のドル円為替レートは上昇する傾向にあります。

翻って、我らがトルコリラはどうなることでしょう。ヘッジファンドの運用実態を紹介がてら、6月の例年の傾向とトルコリラ予想をしてみたいと思います。

  1. 5月のヘッジファンドの動向
  2. 6月はバランスシート拡大の時期
  3. 6月のトルコリラ予想
  4. 夏休み前のシナリオ

5月のヘッジファンドの動向

例年、5月といえば株価暴落の季節です。様々な理由付けがなされていますが、その一つはヘッジファンドを始めとする機関投資家の決算月である点でしょう。多くの機関投資家は、7月の決算月を前に手持ちの金融資産を売却し、現金化します。当然、その金融資産の中には株式・リスク通貨が含まれる訳で、市場はリスク回避に似た動向を示すようになります。

「リスク回避」とは書きましたが、正しくはリスクを懸念しているのはヘッジファンドのマネージャーではありません。資金を預ける顧客の方が市場動向や利益に不安があると解約が相次ぐのですね。顧客がヘッジファンドの利益に不安があれば、解約が相次ぎます。それに応じて、ヘッジファンドは資金返却のための現金の用意が必要なのです。

45日ルールとポジション決済の期間

45日ルールとポジション決済の期間

ヘッジファンドには「45日ルール」という解約ルールがあり、4月~5月の中旬がその期限に当たります。上図はその目安を示したもので、おおよそ決算時期の2ヵ月~一ヶ月半ほど前に、資産を売り払う傾向があります。この決算売りに準じて、セルインメイのうような特定の値動きをする訳ですね。45日ルールの詳細については、2月のコラムに掲載しました。参考にしてください。

参考:為替市場2月の傾向と対策

6月はバランスシート拡大の時期

前述の通り、資産の多くを現金化したヘッジファンドですが、熱さも喉元を過ぎればなんとやら。決算を過ぎれば、再び金融資産を買って運用を再開します。もっとも厳密に言えば、リスク資産の買いばかりで臨むヘッジファンドは多くありません。半数以上のファンドは、オプションの売りや裁定取引などでヘッジして、売り買い両方のポジションをポートフォリオに組み込みます。

現金を金融商品に変える動きであることは確かなので、こうした動向は「バランスシートの拡大」という言葉で表現されますね。注意すべきは、必ずしも投資資産が買われるばかりではないという点です。暗に、商品の種類や為替通貨の種類によっては、売られる資産もあると言っています。特にトルコリラに関して言えば、売りポジションが増えてもおかしくありません。

冒頭から書いているように、昨年から続く現在のトレンドはアメリカ株買い拡大です。今年も「バランスシートの拡大=米株の買い戻し」と言っても差し支えない位でしょう。日経平均11連騰なんてニュースが流れていますが、それも「米国の株高に連れ高になったから」という理由で説明が付きそうです。現在の世界経済は米国を中心に動いています。

バランスシートの拡大で生じる為替相場の影響はドル高です。6月の値動きでも、最も強くなる通貨は米ドルでしょう。5月末から既にドル買いは進んでいます。対円レートで言えば、現在の高値は124円。この壁は、6月から7月に掛けて、やすやすと突破されるものと予想します。

6月のトルコリラ予想

翻って、我らがトルコリラの値動きはいかがでしょう。先月のコラムの末尾では「リラ最安値更新でも5月は決算売りで緩やかなリラ買い」と予想しました。分かりやすいので、トルコリラ対ユーロの日足チャートで見てみましょう(対ドルでも同様の傾向)。結論としては、5月中旬に予想以上のリラ買いが進んで予想の方向性は合っていたと考えます。

5月ヘッジファンドの決算前後値動き

5月ヘッジファンドの決算前後値動き

しかしながら、5月の終盤から対ドルでリラ売りトレンドに転換しています。理由は、ここまで述べた通り、米株高に伴うドル買いです。ドルが買われると、相対的にリラ安に進みます。ここら辺の値動きと相場観は、管理人がリアルタイムでtwitterで呟いてきました。

トルコリラの為替投資twitter

トルコリラの為替投資twitter

テクニカル的に言って、対ユーロ・対ドル共にリラ売りトレンドが本格的に強まりそうです。一旦のリラ買いはあるでしょうが、そこは単純に押し目になるでしょう。(管理人も含めて)リラ売り参加者は押し目を待つ心理状態です。逆に買いの立場では、このタイミングでトルコリラを買うのは、ちょっと無謀な感じがします。

せいぜい許容できるのは、ドル円レート上昇の恩恵を受けるトルコリラ円でしょうか。それでも「ドル円の上昇(+)×トルコリラ対ドルの下落(ー)」で、ちょっと方向感が見えにくい感じがしますが。管理人的には、FXに慣れた方なら、対ドルでリラ売りにチャレンジしてみてはどうかと思います。

参考:トルコリラ円に満足できなくなったらアヴァトレード

夏休み前のシナリオ

上記の通り、ヘッジファンドを中心とした5月6月の例年の傾向を鑑みながら、トルコリラと為替相場の予想を立ててみました。折角なので、もう少し先の話をしましょう。夏休み前の値動き予想です。世界の機関投資家は6月後半から7月にかけて、夏休み(サマーバケーション)に入ります。

夏休み前になると、機関投資家は金融資産を買い込んできます。「休みを前にして、リスクテイクはいかがなものか?」というのが多くの個人投資家の方の意見でしょう。それは、個人投資家の取るべき立場であって、機関投資家には当てはまりません。彼らには、彼らの運用手法が存在します。

ヘッジファンド(Hedged Fund)はその名の通り、リスクをヘッジして運用を行うのが常套手段です。買い一辺倒の片張りを行っている機関はそれほど多くなく、アービトラージ(裁定取引)やロング・ショートの組み合わせで運用を行っている機関が多勢を占めます。単純に、夏休みの閑散相場を前にして、リスクテイクでバランスシートを拡大する傾向があります。夏休み前にして、バランスシートは拡大=ドル高・株高が進むことでしょう。

ドル高の影響を受けて、相対的にトルコリラは下がるんじゃないかと予想します。6月には、トルコ国会総選挙(6/7)も控えていることですしね。マーケットニュースを読む限り、市場参加者は与党の勝利濃厚の現状に、リラ安の懸念を抱いているようです。相場を動かしたい投資家にとっては、総選挙前の不安心理は格好の売り材料になり得ます。

その先の夏休みに入ると、為替・株式は値動きがなくなります。個人投資家にとっても裁定取引には絶好の機会です。トルコリラに関して言うと裁定取引の一種として、異業者両建てという選択肢があります。もう少し先の話ですが、そろそろ夏休みの準備を考えても良いんじゃないでしょうか。

参考記事:トルコリラの両建てのスワップ裁定取引(異業者両建て)

FXダイレクトプラス

関連記事

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー