トルコリラのFX戦略をご紹介します。

menu

トルコリラの為替投資戦略

外資系ヘッジファンドの決算で10月相場は小休止

10月は外資系ファンドの決算時期

10月も中旬を過ぎての今日この頃。トルコリラ外為市場は、9月からの下落トレンドが小康状態に入り、もみ合いが続いている状況です。それもそのはず。10月のもみ合いや乱高下は、例年の恒例行事とも言えます。

外為取引でも株式でも、10月は乱降下やもみ合いなど、方向間がはっきりしない月です。その原因となるのが、11月に控えた海外企業の決算です。決算を見越しての利益確定が相次ぎ、外資勢の懐事情が強く反映される傾向にあります。今回は、この当たりの事情を踏まえて、トルコリラ外為相場のトレンドを見ていきましょう。

  1. 外資系ヘッジファンドの決算期
  2. トルコリラのチャート分析
  3. 11月にトレンド再び

外資系ヘッジファンドの決算期

海外では、企業の年度決算が11月末、12月末に集中しています。この決算期を見通してのポジション縮小が起こりやすいのが10月です。例年、10月中旬から11月にかけて、外資系ヘッジファンドの顧客の解約が相次ぎます。

顧客の解約が始まると、ヘッジファンドはポジションを縮小せざるを得ません。利益確定の売り、もしくは買い戻しの動きが強まります。外為取引のマーケットを動かすのは、ほとんどが外国人投資家ですから、市場も彼らの動向を色濃く反映します。結果、10月はそれまでのトレンドが一旦ストップする傾向があります。

実は、この傾向はトルコリラに限ったことではなく、他の通貨や他の相場でも同様です。例えば最近では、日経平均が大幅下落を起こしたことがニュースになりました。これも、外国人投資家が日本株を決済したことで説明がつきます。半期決算の5月にも同様の株価下落が起きたことが、それを裏付けています。

ヘッジファンドの決済で相場は小休止

ヘッジファンドの決済で相場は小休止

一方で、トレンド休止も長くは続きません。次に、決算に向けたラストスパートが控えているためです。一旦、止まったトレンドが、年末にかけて再び動き出します。特に、ヘッジファンドが利益を出していない年には、これが乱高下として相場をかき回すようです。

上記の理由で、トルコリラに限らず、10月は事情を知らない市場参加者を惑わせる動きをします。逆に、この事情を頭に入れておくと、利益確定や新規ポジションを取るタイミングを計りやすく、どっしり構えて待っていることができます。

トルコリラのチャート分析

上記の外資勢の動向を頭に入れて、最近のトルコリラの動きを見ていきましょう。以下は、トルコリラ対ドル(USD/TRY)の日足チャートです。

トルコリラ下落トレンドは小休止

トルコリラ下落トレンドは小休止

チャートは上に行くほどリラ売りです。チャートを見ていくと、シリア問題で発生した下落トレンドが一服。現在、小康状態に入っている状況です。

今回は、もう少し詳細に見ていきましょう。以下は、4時間足のチャートです。

トルコリラ4時間足のトレンドライン

トルコリラ4時間足のトレンドライン

詳細に見ると、もみ合いの域を抜けない、緩やかな下降トレンドが発生していることが分かります。チャートには、トレンドラインを引いてみました。デイトレ派やトラリピ派は、このトレンドラインを見つけられたら、何往復かの利益を上げたはずです。逆張りシグナルのRSIが参考になりそうです。

逆に長期保有派や、筆者のようなスイングトレード派は、このトレンドラインを割った所が勝負所です。トレンドをブレイクした所が新規建てor損切りのポイントでしょう。

参考記事:トルコリラのスイングトレード

11月にトレンド再び

最後に、今後のトルコリラの見通しを予想していきましょう。管理人が予想するのは、トルコリラ下落トレンドの再開です。理由は、冒頭に書いた通り、ヘッジファンドのラストスパートが始まるためだと考えます。

トルコリラ対ドル(USD/TRY)では、年初に付けた最安値USD/TRY=2.38が当面の目標になります。リラ下落予想は、このような明確なレートがあることが一つの理由です。最安レートは多くの市場参加者の頭にあることでしょう。この為替レートを意識しての動きがトルコリラを下落させると考えます。

トルコリラの最安値(週足チャート)

トルコリラの最安値(週足チャート)

トルコリラ対円(TRY/JPY)は、少し事情が複雑です。トルコリラ対ドルの相場を見つつ、ドル円レートもケアしなければいけません。トルコリラ円は、以下の通り、クロス円通貨であるためです。

トルコリラ円(TRY/JPY)為替レート=トルコリラ対ドル(TRY/USD)×ドル対円(USD/JPY)

トルコリラ対ドルは、前述の通りリラ売り方向に動いています。一方のドル円レートも下落で、円高方向に動きました。しかし、円高の動きが海外ヘッジファンドの利益確定であるとすれば、再度、円安に動き出しそうです。もっとも、それでもあまり面白味のない展開になります。以下は、簡単なシミュレーションの計算です。

将来レートとして、以下を仮定。

 USD/TRY=2.38(最安値)
 TRY/JPY=110(直近高値)

トルコリラ円(TRY/JPY)の想定レートは、以下計算の通り。

TRY/JPY想定レート
=1/(USD/TRYレート)×(USD/JPYレート)
=1/2.38*110
=46.22

つまり、円安が進んでも、トルコリラ円は現在レートTRY/JPY=47.50より下落。

※この計算は、将来の為替レートを確約するものではありません。

以上を踏まえると、トルコリラ円は下押しの懸念を持って望んだ方がよさそうです。無難な運用としては、長期保有の底値狙いよりも、揉み合いを狙ってのトラリピでしょうか。長期保有の買い増しは、明るい材料が出てからで良いと思います。

参考記事:マネスクジャパンのトルコリラ円でトラリピ

※本コラムは、FX(外為取引)の情報提供を目的として掲載しているもので、取引の強制、勧誘を目的としたものではありません。FXは自己責任です。外為取引は、ご自身の責任の範疇で行ってください。

FXダイレクトプラス

関連記事

プロモーションリンク

  • <当ブログ読者の方限定>
  • トルコリラの取り扱いでは老舗のセントラル短資FXさん。読者還元のご提案頂きました。
  • FXダイレクトプラス
  • <キャッシュバック実施中>
  • FXダイレクトプラスに新規口座開設お申し込みで最大¥20,000の現金還元。
  • +当サイト限定キャッシュキャンペーンで¥5,000をプラス。
  • +ミラートレードで取引すれば¥1,000~を上限なしで還元。
  • 合計で最大¥25,000+αキャッシュバックの大判振る舞い!
  • FXダイレクトプラスのお申し込みはコチラ

今月のセントラル短資FXひとくち情報

プロモーションリンク

  • トルコリラのくりっく365口座ならⅰサイクル注文が便利な外為オンラインへ。
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

プロモーションリンク

  • 新規参入でスワップ高め!?FXプライムがトルコリラを扱い開始。
  • FXプライム

ソーシャルページへのリンク

twitter facebook rss

Twitter でフォロー